集団ストーカーと警察

9年ほど前、自宅周辺でのノイズキャンペーンやアンカリング、

電車内での仄めかしなどが激化した時、私は近所の警察署に相談に行きました。

多くの集スト被害者さんが色んなところでおっしゃってるように

全く無意味でした。というか、警察がストーカー行為に加担してることを

確認した、と言っても良いかと思います。

細かなことは昔のことなので記憶が曖昧ですが

受付の担当者の警官と私が話し始めた時、事務所の奥の方から若い警官が現れて

さも興味津々という態度で、ニヤつきながら私をじろじろと見ていました。

私の家から警察署までは歩いてこれる位の距離だったので歩いて行ったのですが

この時、あ、警察が尾行に参加してるんだな、と確信しました。

もっとも、その前から、ハザードランプを点けたパトカーが

私が近づいた途端に急発進、などということがあったり、

道を歩いていたらパトカーが徐行しながら付いてきたりしたことがあったので

それ程ショックじゃなかったですが。



しかし、税金で働いてる人がこんなことやってていいのかよ、って思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KGS

Author:KGS


Twitter.com/royKGS




集団ストーカーについては↓をクリック

集団ストーカー教程


集団ストーカー.info


AGSAS






創価学会がカルト集団であることの理由はここ


カルト創価学会は凶悪犯罪者養成所←クリック




コメントをくださる方はこちらを読んでください





集スト周知チラシ

(表)(裏)


テクノロジー周知チラシ






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR