集団ストーカーの構造 阿修羅掲示板よりコピペ

集団ストーカーとは、24時間365日間にわたる、ターゲット「標的」に対する嫌がらせ(ハラスメント)のことです。

対象者は郊外に潜む、生活安全条令、参加者から尾行されます。

防犯パトロール団体は地域社会で警備関係のプログラムの一部と関わっています。

コインテルプロ捜査やMK・ウルトラのように、ターゲット「標的」の生活に関わるすべての人とコンタクトを取って、絶対に終わりのない嫌がらせ・ハラスメントに協力するように人々に呼びかけます。

この捜査はターゲット「標的」を数年に渡って(肉体的・精神的・経済的)に壊し、誰の援助も得られないように作られています。

集団ストーカー/ガスライティング犯罪は地域社会ベースの警察主導のようで、MK・ウルトラ、コインテルプロで使われたプログラムに沿っています。

被害者にとっては集団ストーカーは、潜伏した、心理的で、感情的で、肉体的な絶対にターゲット「対象」を何年にも渡って壊す攻撃にあたります。

共同体ベースの(生活安心条令)警備のように呼ばれるものが世界的に作られています。

共同体ベースの事を、AGSAS管理人氏は、カルトネットワーク、悪徳人脈と呼び慣わしています。

それは、集団ストーカーよりも、もっと大きな役割があります。

鉄拳による、共同体ベースの支配です。

精通している警察機関系は、規定として、警官、地域の自治体、地域の企業、市民の防犯ボランティアや役所・公的機関が大衆の抗議を受けることなく団結できることを知っています。

共同体ベース(防犯ボランティア)の警備だけが利用(悪用)されているだけではなく、レッド・スクワドと呼ばれる、警官の浸透と抑制が最大限、利用されています。

一部の社会のセクターは防犯ボランティア(安心安全街条令)を利用(悪用)しています。

この形のハラスメントはアメリカのギャングストーキング、と呼ばれるものと似ています。

集団ストーカーで使われる戦略の多くが、一部の新しいテクニックを除いて、コインテルプロ、MKウルトラで使われていたものです。

近年のハラスメントは、地域共同体ベースと地域の市民グループの協力もあるために、誰一人として不正な犯罪やプログラムと防犯ボランティア参加者を監視しようとはしていません。

◆選ばれる理由?

ターゲット(標的)はさまざまな理由から選ばれます。

政治的な見方によって選ばれる場合もあります。
NGワードを検索・書き込みしたために選ばれることもあります。

ターゲット「標的」は反体制者活動に属しているために選らば得ることもあります。
企業や組織の内部告発したために選ばれることもあります。

リストラや復讐・地上げをするために選ばれることもあります。

◆集団ストーカーの目的?

ターゲット「標的」をどこからも支援を受けられないように隔離することが集団ストーカーの目的です。

そうすることで、ターゲット「標的」を将来的な逮捕、精神病院に収容、または強制的な自殺に追い込むことです。

このハラスメントの別の目的はターゲット「標的」の社会的地位と信頼性を破壊することです。

そうすることで、ターゲット「標的」を危険人物・犯罪者とか、精神異常者だとでっちあげることができます。

別の目的としては、ターゲット「標的」を毎日の尾行の刺激に敏感にして、管理下におかれていることを条件付けにして。

ターゲット「標的」を、引きこもりに追い込み、外出する事を困難にします。

被害を訴えると、警察機関は精神科医に助けを求めるように勧めます。

◆誰がターゲット「標的」になるか?

誰もがターゲット「標的」になる可能性があります。

身寄りが無い人、個人主義者、納税義務を放棄した人、反体制者、大企業にクレームや内部告発した人、共産主義者、戦争反対主義者、反原発主義者、罪のない市民にも使われています。

多くのターゲット「標的」になった人たちは、彼らが対照として選ばれたことに何年にも渡って気づいていません。

ターゲット「標的」が引っ越ししても、転職しても、ハラスメントは続きます。

ターゲット「標的」が移動した場合、自治体か地域の警察と防犯ボランティアはターゲット「標的」を追い続け、嘘と中傷を新しい雇用者、同僚、地主などに広め始めます。

 ◆誰が参加するか?

さまざまな職種に従事する人たちが集団ストーカー/ガスライティング犯罪の手先になるように募集されます。

職種、人種、年齢、性別はさまざまな人たちです。

一般労働者、公務員、医者、暴力団、通行人、幼い子供、中、高生、郵便配達人、新聞配達人、タクシー運転手、トラック運転手、消防士、警察官、郵便局員、教師、店主、建設作業員、清掃人、電気工事人、道路工事業者、鍵屋、警備業者、など。年齢・職業は様々な人たちで成り立っています。
   
参加者は自分達を正当な警察組織のための手先だと思い込んでいます。

一部の人達は権力と利益に飢えている人たちで、参加者は一般的な無実の市民や子供達・女性・老人を自殺に追い込んだり、精神異常者・犯罪者に仕立てあげたり、犬、猫ぺットを殺す事を、余裕でします。

他の一部は要求されて、愛国心のために行い、また別の一部は防犯ボランティア活動の一環として強要されて行います。

参加者の一部は、防犯ボランティア(街の安全・防犯の為)から、参加を始めたのかもしれません。

多くは市内と隣近所をパトロールと監視する善意からの行動で始めています。

しかしながら、一部の社会のセクターはこれらの共同体ベースを不当に利用(悪用)しています。

警察組織は罪のない一般市民が集団ストーカー/ガスライティング犯罪に引っかかるのを容認しています。

多くの人は、ガスライティング犯罪が結果として、ターゲット「対象」の心身を殺傷する、事に対して、何の理解も気にすることもありません。

◆なぜ集団ストーカー に参加するのか?

活動に参加するのには様々な理由があります。

□一部の人は権力を得た気になるから行います。

□他の一部は、監視や尾行を娯楽やゲーム感覚で面白いことと彼らは思っています。

□他の一部は強要されるか、共同体ベースか警察に恐喝されて参加します。

□彼らは安心安全街づくり、の一環だと教えられて、ターゲットの監視に使われます。

□地域のチンピラやニート彼らの行動力は地域監視プログラムに利用されます。
 
□他の一部はターゲット「標的」についての嘘と中傷によって、ターゲット「標的」の生活に付きまとうように言われています。
 
ターゲット「標的」に対して使われるテクニックの数々。

◆(アンカリング)条件付け。

日々の出来事に対して敏感になるように仕向けます。

数年、数十年をかけてターゲット「標的」をハラスメントの為に毎日の出来事に対して否定的に敏感にします。

ターゲット「標的」が差別されていることと監視されていることを知らせるために行われます。

一部の例としては、音、光、色、ほのめかし、行動等です。

例、暴走車両、航空機、ヘリコプター、廃品回収、豆腐、灯油屋、自転車のブレーキ音、救急車両のサイレン、大きな咳払い、高笑い、鼻すすり、大きなくしゃみなどです。

◆二十四時間、365日体制の監視

ターゲット「標的」が何処に行っても尾行して関われるようにするためです。

ターゲット「標的」の調査にもなります。

どの店にターゲット「標的」が行くのか?、職業、趣味趣向、家族構成と友好関係、金銭事情も調べられます。

ターゲット「標的」の通勤路、地域や標的が住む住宅地、よく利用する店、金融機関・ATMなども待ち伏せに利用されます。

ターゲット「標的」の電話の邪魔したり、パソコンの利用の邪魔などもあります。

◆ターゲット「標的」を孤立させる。パージ工作

中傷と嘘の流符によって行われています。

例、地域の人はターゲット「標的」が泥棒、麻薬中毒、暴力的、幼児愛好者、精神異常者、売春従事者、監視が必要な人だと説明を受けます。

偽の容疑がターゲット「標的」に対して作られることもあり、隣人、店主、市民に見せられることもあります。

◆騒音ノイズキャンペーン

ターゲット「標的」の睡眠を邪魔するために、建築工事、暴走車両、車や住宅のドアを閉める音などが使われます。

◆ほのめかし

ターゲット「標的」の個人的なことを公共の場で話すこと。

ターゲット「標的」の物真似。

基本的に、標的に彼らが標的の生活に密着していることを知らすために行われます。 

日常的な関わりで、訓練を受けていない目にはそれほど特質したことだと思わせないレベルで行われますが、幾度にも渡ってターゲット「標的」を精神的に消沈させてダメージを受けます。

◆日常の生活妨害とストリート・シアター

安価な家財道具の窃盗、睡眠妨害、薬物を添加した食物、ターゲット「標的」の自宅にゴミ、や煙草の吸い殻を置くなど。

大勢の見知らぬ人が公共の場でターゲット「標的」に嫌がらせを行います。

これらの見知らぬ人は特定の時間と場所で特定の動作をするようにを命令、もらっているのかもしれません。

これらの見知らぬ人にとってはそれほど被害があるとは思えないかもしれませんが、重大な精神的なトラウマをターゲット「標的」に植えつけています。

例、ターゲット「標的」の進行の邪魔、列の前に割り込む、道路でターゲット「標的」の車の前に割り込む、ターゲット「標的」のレスポンスを引き出すような行動や発言をする、など。
 
◆誰が利用、しているのか?

集団ストーカー/ガスライティング犯罪、自体は犯罪です。モラルと倫理に反しています。

□.政府機関。これらの拡散と崩壊をもたらす反政府者は、多くのターゲット「対象」となった個人に対して使われています。

□.自衛隊もテロリスト対策に使っているか、非合法な研究対象として利用しているのかもしれません。

□.大企業。企業の多くがこれらの共同体ベースにサポートを見せています。 

 従業員を辞めさせる為のケース作りに。

□.警察組織、犯罪検挙率を上げる為、組織の反対勢力、口封じや、プロファイリング捜査の訓練の為に。

◆どういった手助けがあなたはできるか?

□.もしあなたがターゲット「標的」になってる人を知っているのなら、彼らの仲間にならないでください。

ターゲット「標的」になった人を、犯罪者・精神異常者・悪人、だと思わないでください。

□多くの無実の一般市民たちがターゲット「標的」にされていて、周囲の人には嘘を流されています。

この手のハラスメントは遊びでもなく、無害でもなく、目的はターゲット「対象」となっている個人時間をかけて破壊するものです。

□.もしあなたがこの手のハラスメントに手を貸している人を知っているのなら、彼らの手助けをしないでください。

□.人を殺める事は、悪いことだと知らせてください。

知識は力です、ホームページや掲示板に書き込み、知識を共有してください。

□.不当な扱いを受けている人に対して、ほんの少しでも援助を申し出ることをあなたはできます。

□.援助と手助けを求めることができるサイトに人々を導いてください。

□.無実の一般市民に対して静かに行われているハラスメントがあることについて、友人、家族、同僚に話して下さい。


◆ターゲット「標的」になってしまったら

□一切のハラスメントの相手はしないで下さい。

□全ての事柄、を集団ストーカーのせいにしないで下さい
冷静な判断を出来るように心掛けて下さい。

□ 音・光・色・ほのめかし・仕草・色々な挑発を仕掛けてきます。冷静沈着な対応を心掛けて下さい。

□ 攻撃の殆どは統合失調症の再現です、相談する相手を選びましょう。

□ 自殺・引きこもり・は絶対に選択しないで下さい。

□ ホームページ・ブログに相手のテクニック・プログラムを残しましょう。

□自宅に侵入され、その中を完全に破壊された時のように証拠がはっきりしていて物質的なものである時にだけ法律施行機関に訴えてください。

□集団ストーカー/ガスライティング犯罪を探偵社に調査以来しても解決しません、時間とお金を浪費するだけです。


◆情報源何処にあるのか?

AGSAS

http://antigangstalking.join-us.jp/

集団ストーカーinfo

http://www.gangstalker.info/index.html

Gang Stalking

http://stalker.client.jp/  
 
集団ストーカー現象と個人情報の入手可能性の関連性

http://infowave.at.webry.info/200911/article_1.html

Social Stalking

http://socialstalkin.jugem.jp/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KGS

Author:KGS


Twitter.com/royKGS




集団ストーカーについては↓をクリック

集団ストーカー教程


集団ストーカー.info


AGSAS






創価学会がカルト集団であることの理由はここ


カルト創価学会は凶悪犯罪者養成所←クリック




コメントをくださる方はこちらを読んでください





集スト周知チラシ

(表)(裏)


テクノロジー周知チラシ






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR