12月1日新宿街宣の報告

日曜日はぽつりぽつり参加者が集まって最後は11人でやりました。70分くらいやりました。初めての人も2人来てくれました。

久しぶりにデンチョウさんが来て演説してくれました。あの張りのある声でやってくれました。

初めて弁士をやってくれた人もいました。

街宣に参加する人は弁士をやりたい、やらないといけない、と思っている人が多いと思いますが、街の人にアピールする方法は弁士だけではありません。

大分以前の街宣の時に、大きな立看板みたいなプラカード?を持ってきた人がいました。自分は荷物の関係でそんな大きなプラカードを持ってくることはできません。

街宣を見れば分かると思いますが、大きな字体の大きなプラカードが一番アピールできるものです。で、このプラカードはどうだ!という気合の入ったものを持ち込んで参加してくれる人も大歓迎です。

自分が弁士をやらないことの言い訳みたいですが。。。


動画です。さささんとデンチョウさんは本人の希望で撮影してません。ANASUIさんの動画は撮影し忘れました。すみません。

サンライズマンさん
http://www.youtube.com/watch?v=UVzjGe71eLs&feature=share&list=UU0SIBOSDxkfA69S1hXerqJA&index=2

角打ちさん
http://www.youtube.com/watch?v=ykamykt9N-4&feature=share&list=UU0SIBOSDxkfA69S1hXerqJA&index=1

アインさん
http://www.youtube.com/watch?v=6ge83c2kJGM&feature=share&list=UU0SIBOSDxkfA69S1hXerqJA



アインさんの報告記事
http://sshu369.blog.fc2.com/blog-entry-36.html



参加した皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。告知の拡散ありがとうございました。


東京都 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 コメントが削除されたのかどうかわからないので再投稿です。

 世田谷区には、保健師が、個別の心の健康相談に随時対応しています。
メンタルヘルスの観点からのサポートと言う立場であり、精神的なサポートであって診断ではありません。(精神科医の場合は別)
 ちょっと相談して見ましたが、非常に包容力のある人たち、と言うイメージです。

 私の見た事実は、そのまま事実として受け止めると言う態度で、病気扱いはまったくありませんでした。(病気だろうがなんだろうが、サポートするということを重視している)


 保健師さんと言うと、妊産婦のケアと言うイメージだったのですが、実際の仕事はかなり幅広いそうです。

 居住地域によって担当が決まっており、かなり密接に相談に乗ってくれる感じです。
周知活動にもなるわけですし、一度いらしてはいかがでしょうか。

 お勧めします。


http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/1807/d00027104.html


Re: No title

おはようございます。

度々のコメントいただきすみませんが、自分のことを女性だと勘違いしているようです。

ツイッターの猫のアイコンを見てそう思い込んでいた人が以前にもいましたが、KGSは男性です。

保健師ざんは、女性だけではなく、男性にも対応しています。
保健師さん達にこの犯罪を知ってもらう事は、良い周知活動にもなると思います。区民への啓発も兼ねて。

Re: タイトルなし

こんにちは。そうですね。余裕があれば考えます。

No title

保健師さんについてはいろいろなご意見があるかと思いますが、ひとつだけお知らせしたいことがあります。

4年くらい前のことでしたが、3月のある朝、何の前触れもなく突然保健所の人達がやってきて、精神病院へわたしを連れて行こうとしました。わたしは保健所に相談に行った事がありませんでしたが、加害側にマインドコントロールされたわたしの元夫が仕組んだことでした。

精神科医でなくても保健所の人間が依頼によって精神病院に入院させることがあるという実例です。(法的にどうなのかはわかりません。その後、ほかの自治体の保健所に連絡して問いただしてみましたが、はぐらかされましたので、保健所に権限は無いのかも知れません。)

わたしの場合は、その時、
「録音させていただきます。」と言って録音をはじめ、その人達の名前も写真も撮ったため、強圧的な態度がガラっと変わり、わたしは何を逃れました。

被害者はできるだけ、 精神病院や保健所に行かない事をお勧めします。特に来年の4月からは、一人の精神科医の診断だけで、親戚の一人の依頼によって精神病院に強制的に入院させる事ができるようになります。


精神保健法について、厚生労働省の資料をご覧ください。

http://www.japsw.or.jp/taikai/2013/shiryo/tokubetsu.pdf

No title


 保健師さんは、区の健康づくり課などの職員であって、保健所とは別枠です。
保健所に相談にいらしたことがおありなのでしょうか?

 
 保健所に相談に行くことに関しては私はまだ確認していないため何も申し上げられませんが、区へ相談に行って、精神病院へ強制入院ということは考えられません。

 そもそも相談内容に関しては、秘密厳守です。 
 なんなら、電話で匿名で相談することも可能ですし、特に本人確認を求められることすらありません。


 そんなことを言い出せば、警察に行くのも、友達に相談するのも、家族に相談するのもすべて不可能であり、誰にも言えない事になります。

 顔も知らない自称被害者とネットで話すよりは、はるかに安全度が高いと思います。
 

 ご自身の家族に仕組まれて強制入院させられそうになったのなら、とりあえず、保健師さんのメンタルヘルスケアを受けておいた方が、安全策になるのではありませんか?

 保健師さんは、単なる疲れによる悩みや家族問題から、実際に精神病である人まで、はばひろくメンタルケアを行っています。

No title

今日、保健師さんに会って確認を取ってきました。
 
 自殺の恐れがあるとか、極度に衰弱していて明らかに治療が必要と思われる時は、入院をすすめ、あくまで本人の同意をとった上で入院手続くをすることもあるそうですが、本人の意思に反して強制入院させるなど、そもそもそんな権限はないそうです。
 びっくりしてらっしゃいました。 

( 参考までに、区の健康づくり課の保健師は個人相談、保健所の保健師は公衆衛生を担当しているそうです。 ただし、これは区によって違うのかもしれません )
 

 強制入院させようとして来た保健所の人たちの名前と顔はお撮りになったわけですから、当然それが本当に保健所の人間かどうか、どういう権限で入院させようとしたのかも、ご確認済みのことと思います。


 ご紹介いただいた法律施行前以前のことなわけですから、まさか、ご家族の通報だけで精神科医の診断もなしに強制入院させるなど考えられないのですが、一体どういうことだったのでしょうか。

 被害者をおとしいれるための策略だったのであれば、被害者の会などでも対処し救済を考えるべき問題だと思いますし、参考までに詳しい情報を教えていただけませんか?


Re: No title

>  保健師さんの相談に関してですが、特に名乗る必要性も厳密にはないそうで、居住地域によって担当が決まっているため、同一担当者による継続的なケアを希望するなら住所氏名は明らかにする必要があるそうですが、その必要がないのであれば、随時相談は受けるそうです。
>
>  保健師仲間ではこういう内容の相談があったということでお互い助言しあったり、上司には報告したりするそうですが、守秘義務があるので、個人情報が課の外に出ることは絶対無いそうです。

名無しさんへ

コメントの受付はこれまでにしますので
プロフィール

KGS

Author:KGS


Twitter.com/royKGS




集団ストーカーについては↓をクリック

集団ストーカー教程


集団ストーカー.info


AGSAS






創価学会がカルト集団であることの理由はここ


カルト創価学会は凶悪犯罪者養成所←クリック




コメントをくださる方はこちらを読んでください





集スト周知チラシ

(表)(裏)


テクノロジー周知チラシ






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR