毎日しんどいなぁ

毎日よく眠れない私は遅くても11時には布団の上なのだけれどなかなか眠れないことがしょっちゅうです。

特に、自分を攻撃してる連中が創価学会と自覚してからは、ネット上で奴らに対して攻撃を開始したので嫌がらせが激化して眠りが悪くなりました。

一番酷かったのはビラ撒きの前後くらいかな?

我慢の限界を超えてビラ撒きしたのだけど。ビラ撒きして車両のうるさいのはすぐに沈静化したと思いましたが、夜中にチンピラがワイワイやってるのはその後も3日くらい続いた記憶があります。

私は夜中に必ず目が覚めるのだけれど、酷かった頃は覚めるたびにチンピラが外で奇声を上げてるのが日常でした。夜中の3時とか2時とかでもです。要するにオールナイトですね。

盗聴器の存在をうかがわせる訳は、目が覚めてトイレに起きたタイミングで叫んでいたことが理由のひとつです。さすがに、私が眠っている間中奇声を上げていたらどう考えても近隣住民だって黙ってないと思うので。

ビラ撒きして静かになった、と何回も書いてると思いますが、具体的に言うと、大型車両のローギアでの加速が無くなった、ことと、一般車両も以前の記事に「微妙にうるさいクルマがやたら通る」と書いた記憶がありますが、普通のエンジン音になったことによって静かになった、と感じてるのだと思います。

クルマのことはよく知らないので何をどう変えたのかは分からないのですが。ただ、通行してる車両の量はあまり変わってないような気もします。深夜早朝は明らかに減ったと思いますが。

この前、家の前を通行するクルマを観察してたら、集スト定番のナンバープレートをつけてるクルマが短時間のうちに半数くらい通行してたのには失笑しました。トラックに乗ってたチンピラあんちゃんは私にガンつけてきてましたが、私が笑いながら視線を合わせてあげたら動揺してましたね。笑




そういえば、ビラ撒きというのは簡単にやってはいけないようなこと、というような話をネットで見ましたが、そもそもビラって何でしょうね?

私の場合、ご近所同士、生活上有益な情報は交換しましょう。という感じでしょうか。だからいいんじゃない、とすっとぼけます。

ま、100枚とか無差別に撒くと違ってくるのかもしれないですが、私の場合至近の家ばかりでしたし。

ビラ撒きに躊躇してる人は多いようですが、先ずは1枚2枚3枚と、やられたらやり返す、の気持ちでやることをお勧めします。

カルトは世の中の常識が分かってません。中国や北朝鮮が国際社会のルールを無視してるのと同じです。

だから、やられたことにはキッチリ報復をすべきと思います。やり方は人それぞれで良いと思いますが。私はただ思いつきでやっただけだし。

ただ、よく考えてみると、ビラ撒きなんかより、ネットを利用したカルトに対する攻撃方法を練って展開していく方がずっと効率的だと思います。

私のこのブログはアホみたいに見えるかもしれないですが、自分なりに戦略を考えて記事を書いてます。




普通の人は皆、宗教団体と対立することを恐れてますが、集団ストーカー被害者は皆一方的に戦争状態へ引きずり込まれたので、戦うしか生き残るすべは無いと考えています。

AGSASの戸崎氏は集団ストーカーを自殺強要ストーキングと呼んでいたと思いますが、カルトの連中はターゲットを自殺へ追い込めば、仏敵に罰が当たった、などとほざいて喜んだり、精神病院に強制入院させて社会的権利を奪い取り、カルト関係者がよってたかって本人や家族から金を収奪する、ということなのですから。

そんな鬼畜的なことをやってる連中に一切の遠慮は無用です。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

集スト車は通報しましょう

はじめまして、私も集団ストーカー被害者です。
あまり酷い爆音は下記へ通報しましょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1243906607

Re: 集スト車は通報しましょう

情報ありがとうございます。

騒音を撒き散らしているクルマのナンバーを確保する手段を見つけるのが難しそうです。でも考えないといけないことですね。最近かなりしんどい状況なのでなんとかしたいです。

ありがとうございました。

プロフィール

KGS

Author:KGS


Twitter.com/royKGS




集団ストーカーについては↓をクリック

集団ストーカー教程


集団ストーカー.info


AGSAS






創価学会がカルト集団であることの理由はここ


カルト創価学会は凶悪犯罪者養成所←クリック




コメントをくださる方はこちらを読んでください





集スト周知チラシ

(表)(裏)


テクノロジー周知チラシ






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR