創価学会の集団ストーカー&組織的嫌がらせの準備段階

今日は、私に対する創価学会の集団ストーカーへ至る準備段階としての

創価学会信者の私の家に対する盗聴行為について書きたいと思います



私は以前に書いたように中学生の時から不眠に悩まされていて

学校へ通うのが毎日辛くて仕方ありませんでした。

そのため大学生の頃は精神的にすさみはじめました。

家で親を怒鳴りつけたり、家庭内暴力のようなこともあったと思います。



それを嗅ぎつけたのが創価学会信者の連中です。

毎晩私の家のすぐ近くに集まっては家の様子をうかがい始めました。

こちらが気付いて外へ出ると必ず奴らは通行人のふりをしてごまかしました

この頃既に仄めかしも始まっていました。

その上、深夜にはうちの敷地に侵入していた形跡もありました

うちの庭にアダルト系の電話サービスのチラシなどが落ちているのを

しばしば発見したからです。



繰り返し何度も言いますが、創価学会信者は他人の不幸が嬉しくて仕方ないのです

そしてそれに付け込んでその人を更に不幸にしようとします。

宗教団体のくせに不幸を喜ぶ狂気の集団です。

他人を不幸にするためのネタ探しを常にしている宗教団体が

創価学会という狂気の集団でしょう



不眠で精神的に不安定だった僕は彼らの仄めかし攻撃で一層不安定になりました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KGS

Author:KGS


Twitter.com/royKGS




集団ストーカーについては↓をクリック

集団ストーカー教程


集団ストーカー.info


AGSAS






創価学会がカルト集団であることの理由はここ


カルト創価学会は凶悪犯罪者養成所←クリック




コメントをくださる方はこちらを読んでください





集スト周知チラシ

(表)(裏)


テクノロジー周知チラシ






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR