阿修羅

を眺めていたら、カルトっぽい投稿者が保守の団体の人を酒癖が悪い、とか中傷してました。

たしか、別の団体の人の昔話をほじくり出して中傷したこともあったはずです。


こういうことを平気でするから、集ストとかも何とも思わないのだなぁ、と思います。

というか、集ストができるからこそかもしれませんが。


考えてみれば、「風評工作」なんてこともやってるはずですが

尾行盗聴盗撮を何年やって、人の欠点、過ちを山のように積み上げたとしても

集ストの極悪度とは比較の対象にはならないとは気づかないのが不思議な気もします。





前回の記事に書いたように、ついに私に対しても「見えない力」による加害が始まりました。

そのことを具体的に書くように言われてますが、なかなかうまく言葉にできない部分があるので

ぼちぼちやります。


軽度のものが始まったのは間違いなく去年からです。

今現在も軽度?くらいが延々と続いてる感じです。

先日、悲観的なことを書いた時はあまりに強烈でしたが。



今日補足することは、家の前の道路に人がいる、ということはその加害の「必要条件」ではないようである、ということです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KGS

Author:KGS


Twitter.com/royKGS




集団ストーカーについては↓をクリック

集団ストーカー教程


集団ストーカー.info


AGSAS






創価学会がカルト集団であることの理由はここ


カルト創価学会は凶悪犯罪者養成所←クリック




コメントをくださる方はこちらを読んでください





集スト周知チラシ

(表)(裏)


テクノロジー周知チラシ






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR